top of page

健康経営が必要なワケ

更新日:2023年4月5日

健康経営が必要となるワケ、それには大きく二つあります。


①生産年齢人口の減少、少子高齢化による人手不足。


生産年齢人口とされる15歳~64歳の人口は、減少し続けることがわかっており、この減少は今後も続くと予想されています。

また、65歳以上の人口は、2050年ごろ(今から27年後)には40%まで上昇します。

要は、日本全体で働き手が減ることが確実だということです。

となると、65歳以上の方の働き方、就業の仕方、企業にとってはそこが非常に重要になってきます。まだ元気があるのに定年だから・・ではなく、また定年前だけど体調を崩してしまって働けない・・・こんな状況を作ってしまうよりも、従業員の健康をしっかりと企業としてサポートしていこう。これがまず、健康経営に取り組む大きな理由の一つです。



②社会保障費の維持

年金・医療・介護など、社会保障費は増加の一途をたどっています。

社会保障費が増えるということは、社会保険にかかる保険料(会社と従業員が負担)も増えるということです。もちろん、国の負担は増えているのですが、我々の保険料で賄うことも想定されます。

企業が、従業員の生活習慣病などの予防に早くから取り組み、早期治療を促すことによって重症化を防ぐ、結果として医療費を抑制となる。一見、国が国のための取り組みというようにみえますが、健康保険料の上昇に歯止めをかける役割にもなります。

また、高齢となり、年金が受給できる年齢になっても元気で働けるとなると、年金財政への負担を抑制することにもつながります。



このように、健康経営が、今後の企業活動における労働力の確保、企業の法定福利費を企業全体として抑止に取り組む、非常に大事なものとなると思われます。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康経営と安全配慮義務

健康経営から少し離れるのでは?と思われる方もおられるかもわかりません。ですが、健康経営に取り組むことの本はリスクマネジメント、となれば健康経営と企業の安全配慮義務は密接な関係をもつこととなります。 労働者の健康管理上の問題は、私法的規制の対象になります。つまり、私法上企業に課せられた義務に違反して、労働者の疾病の発症、悪化に至った場合、当該労働者に対して損害賠償責任を負うものです。 企業が、上記の

Comments


bottom of page